「都市」と「近くの農業・農村」を結ぶ柏たなか農園のブログ

投稿日:2016年9月23日 10:32 pm

 


 悪天候が続く中、雨が止むタイミングをねらってアブラナ科のキャベツ、ブロッコリー、ハクサイなど秋冬野菜の植付けを進めています。毎年、野菜の苗作りは苦戦してきましたが、この夏は苗作りの外部委託という新たな選択をすることでだいぶ楽になりました。委託先は畑の近くにある千葉大学柏キャンパスの育苗施設です。

 

 

 

 秋冬野菜の苗は夏の暑い盛りに種播きして発芽から45週間、暑さ・病害虫と闘いながら育てなければなりませんでした。アブラナ科の主要な害虫といえばチョウやガの仲間=リンシ目の幼虫です。これを防ぐには苗を育てるビニールハウスに親のチョウやガを侵入させなければよいわけですが、真夏にビニールハウスの窓を閉め切るなどあり得ません。昼間はらくに50℃を超え苗がまいってしまいます。遮光のビニールハウスもありますが、日照不足で苗がひょろ長い徒長苗になってしまいます。

 

 

 

これらの課題は千葉大柏キャンパスの育苗施設なら一気に解決してしまいます。ビニールハウスの中の環境管理が完璧で、外部からの害虫の侵入も遮断できるからです。委託料はかかりますが、ホームセンターの野菜苗を買うよりはるかに安価で、しかも自分の判断で品種を自由に選べます。「苗半作」と言われるように野菜作りの中で苗作りは大変重要です。ですが、野菜苗を必ずしも内製する必要はないわけで、今回のように外部委託という選択肢もあったわけです。委託先の千葉大の先生は「これからの野菜作りは苗専業と苗を外部から調達する農家に分かれていきます。その方が合理的でしょう」と言っていました。

 

 

 

千葉大柏キャンパスには植物工場と呼ばれる高度に環境管理された栽培施設が多数建っています。その一角に植物工場とは別に花や野菜の苗を育てる専用施設があります。この施設では作物の種類、品種ごとに異なる発芽適温に合わせて発芽させ、苗の生育条件に合わせて温度、湿度などの生育環境の管理ができます。これまでの柏たなか農園では考えられないような恵まれた施設があり外部委託も受けてくれるのですから使わない手はありません。来年も春先に種播きする春夏野菜の苗作りも外部委託にした方が良いと考えています。

投稿日:2016年7月28日 9:20 pm

7月も28日になってようやく梅雨明け、スイカ畑にも真夏の日差しが照りつけています。柏たなか農園の夏の主力作物はスイカ、甘さを決めるのは日照です。ことしは長梅雨のせいで日照が不足気味、何よりスイカのでき具合が心配でした。本来なら8月前半から収穫可能ですが、7月後半の日照不足を計算に入れるとちょっと自信が持てません。やはり8月も後半まで待った方が賢明だと考え、毎年開催してきたスイカの収穫体験イベントも今年は夏休みの終盤へと先送りすることにしました。



 柏たなか農園の春の畑はほとんどがもち麦で占められており、スイカを植え付けるスペースを確保するのが大変です。このため植え付けはほとんどがもち麦を収穫した後の6月に入ってからになりますが、それだとスイカの収穫は8月のお盆の後になってしまいます。どうしてもお盆に間に合わせようとするともち麦の一部をつぶしてスイカを植え付けるしかなくなります。今年も5月中ごろに5アールばかりつぶして(柏たなか農園としては)植え付け時期の早いスイカを作り始めました。ところが長梅雨で日照不足、その上もち麦収穫直後の袋詰め、出荷などの後工程に追われたため、スイカ畑の栽培管理が後手後手に回ってしまいました。




 いま、スイカ畑には何本もの支柱が立っています。受粉した雌花の位置が分かるように支柱を立てておくのです。スイカは雄花の花粉がミツバチによって雌花に運ばれて受粉し実をつけるのですが、確実に受粉させるために雌花が開いているタイミングをねらって人手で雄花の花粉を雌花のてっぺんにこすりつけます(授粉といいます)。この時点ですでにスイカ畑はスイカのつるが延び、つるから延びる葉でほとんど覆い尽くされています。今はまだ小さな実ですが、この先スイカの実が大きくなるとともに畑はますますたくさんの葉が茂りスイカが葉の下に隠れてしまうので今から支柱を立てておくのです。



梅雨が明け、いよいよ強烈な日差しが続くと期待されます。ただ、7月の後半が日照不足だったため8月前半に甘いスイカを大量に収穫するのは難しそうです。早く植え付けたスイカがもたついている間に6月に入ってもち麦の収穫跡に植え付けた遅植えのスイカが急成長して早植えのスイカに追い付きそうになってきました。そこでスイカの収穫体験も当初考えていた8月中ごろの開催をあきらめ、遅スイカの収穫適期にあたる8月27日(土)、28日(日)に開催することにしました。
夏休みのスイカ収穫体験は人気のイベントで、毎年お子さんを連れてこられる方もいます。スイカの収穫は宝探しのような楽しさがあります。広~い畑にスイカがつるを延ばし、その下に大きな実をつけています。見つけたスイカは重さが1個8kgから10kgを超えるものもあり、畑から運び出すのも一苦労。暑さの中、スイカを収穫した後はみんなでスイカを試食して最後に収穫したスイカをお持ち帰りいただきます。親子だけでなくお孫さん、友だち同士などでも参加OKです。参加費は1家族、または1グループ1000円。畑の端に駐車スペースもあります。
すでにメールでの問い合わせをいただいております。今年もたくさんの方のご参加をお待ちしております(2016年のスイカ収穫体験イベントの詳細はトップページのお知らせ欄に掲載)




投稿日:2016年5月26日 5:54 pm

柏たなか農園の主力作物・もち麦の刈り取りがこの2日間で終わってしまいました。例年5月末か6月初めでしたが今年は生育が良く、月末まで待っていたらほとんど倒伏してしまいそうなので刈り取りを早めなければならなくなったのです。






麦の収穫に使う機械(コンバインというのですが)は昨年まで使っていた水色の機械が壊れてしまい、修理に出していたのですが型式が古く補修に必要な部品が入手できないため修理不能となってしまいました。ダメだとわかったのが4月後半で急きょ中古のコンバインを探しました。ネットオークションで外側赤い色のコンバインを見つけて配送してもらったのが22日。機械の機能など詳しく調べる余裕もなく25日の麦刈り本番に突入してしまいました。

中古の機械ですからまともに動かないこともあります。もし本番で動かなくなったらどうしようかと不安でした。収穫できなければもち麦は倒れてしまい、少し時間が経つと全滅してしまいます。25日の本番で動かした結果、とにかく刈り取りだけはできました。ですが、収穫した麦の粒を収納してあるタンクから外部に吐き出すところに大きな欠陥がありました。吐き出し口の底の部分がしっかり止められていないため麦粒を吐き出す際に一部が底から漏れてしまうのです。もれ出てしまう麦粒の量も半端でありません。たらいのような大きな容器を受け皿にして少しでも回収しようとしたのですが、かなりの損失になってしまいました。26日も引き続き赤い色のコンバインを動かし、とにかく柏たなか農園で栽培しているもち麦を全量収穫しました。農園の畑は一昨日までもち麦の穂の紫色に染まっていましたが、今は刈り取り跡の黄色い麦ワラが敷き詰められています。




この後、近くの未来農場に委託して栽培してもらっているもち麦も刈り取りをしてもらいます。こちらも例年より大幅に前倒しで作業をお願いしています。

収穫の後、麦粒を乾燥しゴミを取り除くなどして袋詰めしてようやく製品の形になります。後工程の準備はこれからです。これからしばらくもち麦関連の作業に追われます。

投稿日:2016年5月15日 7:10 pm





農園の麦畑は4月下旬から紫色に色づき始め5月に入ると見る見る間に畑全体が紫色に変わってきました。今年のもち麦は成長速度が例年より早い気がします。柏たなか農園のすぐ近くで委託でもち麦を生産してもらっている「未来農場」のもち麦畑も、もち麦の紫色にきれいに染まっています。収穫はいつもは5月末から6月初め、梅雨の来る直前にしていたのですが、このまま行くと少し繰り上がりそうです。




収穫のタイミングを計るにはいくつかの指標があります。もち麦の畑全体が紫色に変わり、さらに穂先が少し首をかしげるように曲がってくること、そして水分量が30%を大きく下回り25%近くまで低下することです。このタイミングを過ぎると倒伏といってもち麦が地面に倒れ込んでしまい、倒れた穂を起こしながらの刈り取り作業は品質の低下を招きます。さらに梅雨に入ると収穫用の機械を動かすことも難しくなります。





現在、穂の色はすっかり紫色に変わりましたが、首をかしげるまでは行っていません。サンプルとして穂を切り取って調べても30%を切るのはまだ一部にとどまり、全体としては30%を大きく下回るまでには行ってません。これから毎日、天気予報と畑の麦の穂を見比べながら収穫のタイミングを図ります。




カテゴリー: 生育情報 柏たなか もち麦

投稿日:2016年4月19日 11:52 am



 わずか3週間足らずで柏たなか農園の主力作物・もち麦の在庫がなくなってしまいました。3月末、テレビの全国放送でこってり、もち麦ごはんを紹介していただいたからです。柏市内でもち麦を置いてもらっているすべてのお店で通常の4-5倍も売れてしまいました。他県のもち麦生産農家に聞いてもどこも在庫が払底しているといいます。テレビの影響の大きさには本当に驚かされました。




テレビ番組ではもち麦ごはんを食べていると肥満を防ぎ肌荒れ、花粉症などを軽減できることを面白おかしく紹介してくれたらしいです。(私はふだんテレビはほとんど見ないので、今回の番組も見た人から内容を聞いただけですが…) メタボ対策にとても効果があることは関係者の間ではよく知られており、柏市や周辺の青空市に出店した時などにPRしてきたことで、柏たなか農園でもチラシを配布したりしてきました。こうした地道な活動で知名度は少しずつ上がり固定ファンもついてきたと感じていたのですが、テレビの反応を見るとまだまだ浸透していなかったと改めて感じております。というわけで2015年産のもち麦の在庫はなくなりました。




2016年産はすでに穂が出そろいこれから麦粒の中に養分をため込む段階です。まだ麦の穂があおあおとしています。5月に入ると麦の穂が紫色に色づき一面のもち麦畑は幻想的な景色へと変わって行きます。すっかり色づいたところで5月末に収穫します。収穫したもち麦は乾燥させ、ゴミを取り除いて袋詰め、出荷は6月後半からになります。それまでしばらくお待ちください。



カテゴリー: 生育情報 出荷情報 もち麦
« < 2 - 3 - 4 - 5 - 6 > »