「都市」と「近くの農業・農村」を結ぶ柏たなか農園のブログ http://kashiwa-tanaka.jp/tanaka/ Sun, 13 Nov 2022 12:36:00 +0900 「都市」と「近くの農業・農村」を結ぶ柏たなか農園 en <![CDATA[続 ムギとスイカの良い関係]]> http://kashiwa-tanaka.jp/blog/2667?site=tanaka

 前回のブログで麦刈り後の畑でスイカやサツマイモを栽培することが柏たなか農園の経営の中でどのように位置づけられていたのか、説明しました。ではもち麦の後作としてのスイカやサツマイモ、肝心の味はどうだったのでしょうか?

 

 麦類を収穫した後の畑では野菜の出来が良いと言われます。麦類の根は細かく土の中に張り巡らされるので土をよく耕したようになり多様な微生物を繁殖させてくれます。また畑の余分な肥料を吸収してくれるという効果もあります。さらに、同じ野菜を何年も続けて栽培すると特異な病害虫が発生しやすいなど連作障害が起きると言われていますが、越年作として麦類が間に入ることで連作の影響も軽減されます。柏たなか農園のもち麦も麦類なので、春にもち麦を収穫した後に作られる野菜たちには初めからきれいな畑が用意されていることになります。実際、農園でできたスイカは柏の青果市場に出荷して毎年かなり高い値が付けられています。

 

 もち麦の跡にはスイカ、サツマイモの他にもトマト、ナス、ピーマン、カボチャ、キュウリ、トウモロコシ、エダマメ、ラッカセイなども栽培したことがあります。これら“裏作の野菜”ももち麦と交互に栽培することによって畑の土壌が改善され良い結果が得られるはずです。




 柏たなか農園が体験農園というサービスタイプの事業から始めた理由の一つとして他の農家との販売競争を避けるためと説明しましたが農産物の販売を否定しているわけではありません。畑作農家として全くの新参者だった柏たなか農園としては、野菜の市場で経験と実績を持つ農家と初めから渡り合うことは避け、戦える作物を体験農園という事業を展開する中で育てていこうという戦略を採って来ただけのことです。設立から間もなくもち麦事業が立ち上がり農園の売上の過半を占めるようになりました。この先については、次の有力作物を見つけて育てることが一つの課題です。

 

 次の作物といっても目先売れそうだからというだけではだめです。かつてのもち麦のように他の農家がほとんど手を付けていないか、ほとんど競合しない作物を見つけられるでしょうか?栽培管理や商品化に人手をかけず、大きな設備投資もせずに取り組めるでしょうか?できることなら農園の近くに増えてきた子育て世代を中心とした都市住民のニーズに対応する商品やサービスが望ましい。そのような都合の良い作物を見つけられるでしょうか?ある程度の時間的な余裕はあります。あわてずじっくり探してゆけば良いでしょう。

 

 ここまで新規参入農家としての柏たなか農園の行き方を分析してみました。ここで一つ参考になる本を見つけました。この夏出版された『農家はもっと減っていい』(光文社刊)という本です。農産物の需要が加工用、外食用などに移行する中で供給側の農家も大規模化、規格化へと押し流され、ついて行けない中小規模の農家は淘汰されてゆくという説を述べています。書いた人は茨城県土浦市で6haの畑を経営する脱サラ農家で、既存の流通ルートに依拠しない販売方式など独自のビジネスモデルに基づいて経営を成り立たせてきたそうです。この本では中小農家はこの先急速に数を減らしてゆくとしながらも、大規模化、規格化の波に飲み込まれないように賢くかじ取りすれば生き残りのチャンスはあると説いています。

 

 私もおおむねこの本の説に賛成です。柏たなか農園の場合、農産物の販売ではなく都市に近接という立地条件を生かして農業体験というサービスに軸足を置いた事業を展開してきました。他の中小農家でも置かれた経営環境など個々の条件に対応したビジネスモデルを描くことができるはずです。この意味で農業というのは大変知的で創造的なビジネスだと思います。農業で生き残りを図ろうとする人、農業への新規参入を目指す人には大いに参考になりそうです。

]]>
16703700192667 Sun, 13 Nov 2022 12:36:00 +0900
<![CDATA[ムギとスイカの良い関係]]> http://kashiwa-tanaka.jp/blog/2666?site=tanaka

 柏たなか農園の主力作物であるもち麦は晩秋に種まきして翌年春に収穫します。夏から秋にかけての畑を空けておくのはもったいないのでスイカやサツマイモを栽培してきました。なぜスイカやサツマイモ?そこには柏たなか農園独自の戦略がありました。キーワードは「都市型農業」。つくばエクスプレスの開通などで都市化が進んできた千葉県の柏市北部という地理的条件を最大限生かしたビジネス形態をめざした結果です。


 農園の事業は「土の学校」という会員制のサービスからスタートしました。これは野菜を単なる商品として消費者に買ってもらうのではなく、消費者に土の学校の会員になってもらい農園に来て野菜の種まきから収穫までの一連の作業を行い、最後に収穫物を持って帰ってもらうといういわば農家と同じ野菜栽培を体験するサービス型の商品です。このやり方なら野菜を売るために他の農家との熾烈な販売競争をしなくても済むし、収穫までの途中段階を体験でき、好きな時に畑の自然環境と触れ合うことができる--などの付加価値を付けた商品(サービス)として野菜を販売できるので付加価値分だけ収益を上げやすくなるという経営的なメリットがあります。



 このビジネスのキモは野菜を栽培する農業体験をしてみたいと考える人をどれだけ集められるかです。まずはたくさんの市民に知ってもらうために体験農園のことを紹介した会員募集チラシを大量に撒きました。一番近い新興住宅街であるつくばエクスプレス・柏たなか駅周辺の住宅街、少し離れた流山市、野田市、我孫子市などの住宅団地などにも配布しました。このほか市の広報紙などで告知宣伝したり、NHKの野菜作り講座でおなじみの先生にお願いして柏の東京大学ホールで講演会を開催したりもしました。さらに「百聞は一見に如かず」ということで一般市民に農園に来てもらい畑を見て野菜の収穫を体験してもらうイベントをいろいろ開催しました。この収穫体験に使ったのがもち麦の後作で栽培したサツマイモやスイカです。

 

 収穫体験の定番といえば秋の芋ほりです。サツマイモのつるで覆われた畑に入りつるを取り除いた後、土の中の芋を傷つけないようにスコップでそっと掘り進め、ごっそりと掘り上げる芋ほりは大人も夢中にさせます。収穫の後は芋の重さを測ったり、あらかじめ違う品種の焼き芋を作っておいて食べ比べしたりして最後に収穫した芋をお持ち帰りいただきます。




 夏のスイカ取りにも力を入れてきました。スイカの葉で覆われた畑の中からシマシマ模様のスイカの実を探すのが面白く、そのあとスイカの重さや甘さを測ったり、試食してからお持ち帰りといっぱい楽しんでもらうことができます。スイカを買ってきて食べるだけよりもずっと楽しい体験ができます。イベント参加費は安く設定しているので、お持ち帰りいただくスイカだけでも普通のスーパーの価格より安くなる計算で、お得感もたっぷりです。

 

 もちろん芋ほりやスイカ収穫体験は土の学校の実習メニューにも組み込んでいます。土の学校ではサツマイモやスイカの苗植付けから始まり草取りなどの栽培管理を体験してもらいます。最後の収穫作業だけ一般公募した収穫体験の参加者といっしょのイベントを楽しみます。農園のホームページには「都市と農業・農村を結ぶ」というキャッチコピーを載せています。さまざまな農業体験に参加することによって都市の住民に農業・農村との接点を感じてもらうことが農園の役割の一つと考えているのです。

]]>
16703700192666 Fri, 11 Nov 2022 21:36:00 +0900
<![CDATA[見た目も食感も「輸入もち麦」とは違う]]> http://kashiwa-tanaka.jp/blog/2665?site=tanaka

柏たなか農園のもち麦は輸入もち麦とどう違うの?ってよく訊かれます。一番分かりやすいのが見た目と食感の違いです。柏たなか農園のもち麦はうす皮の部分を残しているので見た目は収穫した麦粒の紫色のままです。お米と混ぜて炊いた時の食感もプチプチしていて噛み応えがあります。これに対して大手スーパーなどに並んでいる輸入もち麦はうす皮を完全に削り取り白っぽく、プチプチした食感もあまり感じられないでしょう。

健康効果という点では柏たなか農園のもち麦も輸入もち麦もほとんど変わりません。栄養成分としては食物繊維、特に水溶性食物繊維βグルカンが多く含まれる(白米の約10倍)ことが第1の特徴です。食物繊維の多い食品を摂取することで便通など腸の働きが良くなることは広く知られています。さらに水溶性のβグルカンが多く含まれることで、食後の血糖値上昇を抑え、余分な糖分が脂肪となって体内に蓄積されることを防ぐ効果があります。つまりメタボ予防にとても良いということです。

 



もち麦の良いところは1日3回の食事のうち1回だけでももち麦の健康効果が持続することです。たとえば朝食をもち麦ご飯にしたなら昼、夜はパンでもラーメンでも寿司でも構いません。1回ごとの食事の量を減らす必要もありません。無理することなく、普通の食生活の中で健康を維持できるのです。







食べ方としてはもち麦をお米の1割~2割混ぜて炊くもち麦ごはんが一般的です。チャーハンや丼ものなどご飯系のほか、ハンバーグや餃子の具材、サラダにトッピング、スープの具材などいろいろな料理に使われるようになってきました。どのような使い方でも健康効果は変わりません。健康な毎日のために柏たなか農園のもち麦をぜひご活用ください。]]>
16703700192665 Sun, 10 Jul 2022 10:33:00 +0900
<![CDATA[もち麦資材調達、滑り込みセーフ]]> http://kashiwa-tanaka.jp/blog/2662?site=tanaka  「資材不足で大変なことになる」--ぼんやりウクライナ戦争のテレビを見ていて突如、気が付きました。あわてて資材を発注しました。もち麦の包装材に使うナイロン袋、中に入れる脱酸素剤、箱詰めに使う段ボール。案の定、ナイロン袋のメーカー在庫が底をつきかけていました。資材を扱う問屋さんの話では当社が注文した数量でぴったり在庫ゼロになったそうです。気が付くのが一瞬遅れていたらもち麦を袋詰めすることができず、あと1か月くらいでもち麦の製品在庫がなくなるところでした。危なかったです。

 世界はサプライチェーンでつながっておりどこか1カ所でも滞ると大変なことになると頭では分かっていても欧州の戦争が直ちにもち麦の事業に影響してくるとは想像力が働きませんでした。ぎりぎりのタイミングでもち麦用の資材を確保することができたのは幸運としかいえません。

 

 ウクライナ戦争の勃発からまもなく3週間、米国筋がロシア軍の動きに警鐘を鳴らし始めてから1か月近くに及んでいます。この間ガソリンをはじめ石油製品が急速に値上がり、先行き不安が買いだめをあおる形で需給がひっ迫しています。半導体製造や自動車の排ガス触媒に使われる希少金属も供給不足になり自動車メーカーが休業に追い込まれる事態です。

 

 この先資材不足と値上がりが日常化するのでしょう。さらに円安で輸入価格の上昇が重なり大変なことになりそうです。ユーラシア大陸の西側で起きていることはもはや対岸の火事だなどとのんきに構えている状況ではなくなりました。小さな農家にも確実に影響が及んできています。

]]>
16703700192662 Wed, 16 Mar 2022 08:09:00 +0900
<![CDATA[もち麦畑は春の追肥で一段落]]> http://kashiwa-tanaka.jp/blog/2661?site=tanaka  冬の寒さもゆるみ春を感じさせる陽気になってきました。柏たなか農園の主力作物であるもち麦の畑では2月頭から麦踏みと雑草取りを行い3月1日に追肥をやって一息ついたところです。これから麦は急成長し4月には穂が出始めます。


 昨年10月から堆肥を入れるなど畑を整備しました。11月中旬には元肥を入れ種を播きました。播いてから1週間~10日で芽が出て畑全体が薄緑色になります。年末から年始、寒い時期には地上部の成長速度は遅いです。ではこの時期ただサボっているのかというとそうではありません。地上部の停滞を尻目に地下の根をせっせと伸ばし、気温が上がる春に向けて準備をしていたのです。


そこで迎えた3月は麦が一番成長する時期です。このタイミングで追加の肥料を投じることで成長を促進します。3月の初めに缶コーヒー約1個分の背丈だったのが月末には4~5個分にもなります。1日1日の成長が分かるくらい急速な伸びです。 

 しかし良いことばかりではありません。気温が上がり肥料も投入するなると畑の雑草にも栄養を与え雑草の成長を手助けすることにもなりかねません。あまりに雑草がはびこると収穫時点で雑草の実が大量に混入してもち麦の品質が低下してしまいます。そこで追肥をやる前に畑の雑草を抜きまくります。特にいやなのが麦の根本に根付いてしまう雑草です。これを丹念に取り除きます。今回の草取りで抜き取った雑草はバケツ7-8杯分にもなりました。


 今回の雑草退治で畑の表面、見える所には草が生えていません。このまま最後の収穫まで雑草が出てこなければ良いのですがまだ分かりません。無事収穫にたどり着くまで安心できません。

]]>
16703700192661 Wed, 02 Mar 2022 12:50:00 +0900
<![CDATA[農業会社の事業継承に悩む]]> http://kashiwa-tanaka.jp/blog/2660?site=tanaka

 久々のブログですが、この空白の時間は柏たなか農園にとって大変な事態が進行していました。事業の継承問題です。手っ取り早い方法として身近にいる若い人に会社を任せようとしたのですが、結果は失敗でした。農業会社に必要なことは技術と営業ですがそのいずれもきわめて未熟でした。このまま突き進んでもうまくいきそうにないので、この秋のもち麦の種まきは面積を大幅に減らしました。本来なら今頃、畑は若いもち麦の葉の薄緑色で覆われているはずですが、写真のとおり、見えるのは枯れた雑草ばかりです。

 

 柏たなか農園は都市近郊型の農業会社なのではじめは都会の若者でも容易に引き継げると考えたのですが、いざやらせてみるとうまく行きません。例えば農業が好きだといっても小さな家庭菜園を楽しむのと広い農場を経営するのとはまるで違うのです。作物を栽培するため圃場の管理運営も面積規模が違うので同じ感覚ではうまく行きません。できた農産物もロットが大きいだけに販売ルートに乗せるのも大変です。余らせてしまったら大量廃棄という事態も起きかねません。つまり生産に入る前の段階から生産と販売の計画をしっかりと立て計画通り作業を進めなければなりません。農家なら当たり前のことですが、外から見ているだけでは分からないのです。

 

 千葉県柏市北部の耕作放棄地だった畑を再生させるところから柏たなか農園は始まりました。柏市は大都会のように思われますが北部と南部は大農村地帯です。そこでの農業は都市部に近接しているという「地の利」を考えて設立当初、柏市とその周辺に住む都市住民に野菜の栽培技術を教える「体験農園」という事業から始めました。その後主力作物となる「もち麦」の栽培を始めました。今でこそもち麦は広く知られるようになりましたが、当時は知る人も少なく、柏市とその周辺でもち麦を置いてくれる店を探して地道な営業活動をしてきました。2016年ごろから健康食品としてもち麦が注目され一気に全国区に駆け上がり生産が追いつかなくなりました。柏たなか農園も近くの農家に生産委託して生産量を増やしました。しかし常に不足というわけではなく、時に過剰になることもあります。そのたびに収益が上下に振れることになります。

 

 「体験農園」と「もち麦」という収益性の面でも2つの異なるタイプの事業を組み合わせることで会社を安定した成長軌道に乗せようとしてきました。このような経営の大枠がこの一年で崩れてしまいそうになりました。つまり、直接的、間接的に値上げすることによって目先の利益を上げようとしたのです。しかしながら客観情勢は容易に値上げを受け入れてくれるほど甘くはありません。

 

 この秋、柏たなか農園の畑ではもち麦の作付け面積を大幅に減らしました。もち麦の種まきは毎年11月です。種まきに先立ち排水対策、雑草対策、たい肥散布などの準備作業があり、ここから翌年5月の収穫まできめ細かい栽培管理をしなければなりません。素人さんが一連の作業をこなしていけるか、見通しが立ちません。やむなく今年の種まきは見送らざるをえなかったのです。柏たなか農園全体としては委託生産があるのでもち麦の生産量としては前年並みに近い収穫量を確保する計画ですが、自前の畑の生産量が減るのが残念です。事業を続けることの難しさを感じています。

]]>
16703700192660 Fri, 31 Dec 2021 23:54:00 +0900
<![CDATA[柏たなかのもち麦 紹介ビデオです]]> http://kashiwa-tanaka.jp/blog/2659?site=tanaka

柏たなか農園の主力作物といえばもち麦。その主力作物・もち麦を始めたきっかけから今年のもち麦の収穫まで柏たなか農園のもち麦のすべてを紹介するビデオができあがりました。以下のURLです。→ https://youtu.be/c5Bwk9INYuY




制作してくださったのは柏の野菜ソムリエ・亀岡さんとビデオ・クリエータの荻原さん。5月のもち麦収穫直前に柏市北部の柏たなか農園に来て取材してくださいました。もち麦の魅力をとてもよく伝えてくださっており、視聴する人もいっしょに楽しめる内容になっています。私にはできないプロの“ワザ“と感心しております。




ご覧になって納得いただけたならぜひURL https://youtu.be/c5Bwk9INYuY を拡散してくださるようお願いします。これ以上ない「柏たなか農園のもち麦」の宣伝になります。ネット販売チャネル http://www.farmlabo.com/shop.html もよろしくお願いします。

   柏たなか農園・松本



]]>
16703700192659 Mon, 19 Jul 2021 13:29:00 +0900
<![CDATA[人気者だったヤギくんを失う]]> http://kashiwa-tanaka.jp/blog/2658?site=tanaka  柏たなか農園の人気者だった雄ヤギのアオくんが先週亡くなりました。私にとっては単に愛玩動物を失ったというより、かけがえのない従業員を一人失ったような気持ちです。いつかくる別れとはいえ、農園の風景もすっかりさびしく感じられ、気持ちが落ち込んでいます。

 あっという間でした。亡くなる2日前は少し動きが鈍くなった程度でした。草を食べさせに移動してもついてきたのですが、翌日は小屋の近くで寝そべったまま動こうとせず、そのうちうめき声を漏らすようになりました。最後の日は土曜でしたが獣医の先生に連絡、診てもらうことにしていました。残念ながら先生の到着を待たずに逝ってしまいました。


 大人のヤギが死ぬと家畜保健衛生所という県の機関にすぐ連絡しなければならないと言われました。休日明けの月曜日に連絡したところ家畜保健衛生所の職員がすぐに農園まで来て、アオくんの遺体を載せて行ってくれました。その後、畑の隅で遺体にかぶせておいたワラコモを焼いてアオくんの冥福を祈りました。


ヒマさえあれば農園の草を食べ、時々胃の中のモノを口に戻してかみ直し(ヤギは反芻動物)をやっていたアオくん。近くの道路に犬の散歩をする人が見えるとじっと動かなくなり犬と人が見えなくなるまで警戒態勢を解かないほどの臆病モノ。瞳孔が横長で一見間抜けな印象を与え、それが見るモノに安心感を与えてくれました。だからアオくんはいつも農園の人気者。アオくんほど人に安心感を与えるような存在は考えられないと、いなくなって改めて思います。


 アオくんのいない農園はさびしい。いつもは朝、農園のゲートを開けるとアオくんが「何かいいことないかなー」というような顔をしてヤギ小屋からこちらを見ています。そこで美味しそうな草のある場所に連れて行き杭でつないでおきます。農園から引き上げるときは一人で小屋の前に立ってこちらを見ていました。そのアオくんの姿はもうどこにも見えません。今になってかけがえのない存在だったと分るのです。

 アオくんは9年前の20124月に農園にやってきました。同じ日に生まれた雄の兄弟で身体が大きい兄貴分の方をキイロくん、少し小さくてやせ形の方をアオくんと呼ぶことにしました。キイロくんは農園の主力作物であるもち麦を食べ過ぎて栄養過剰で早くに死んでしまいました。結果的には兄貴に意地悪されてもち麦を十分食べられなかったアオくんが生き延びました。そのアオくんもいなくなり、9年前の2頭は今はもう1頭もいません。いたずら盛りだった2頭のことを静かに思い出しています。
]]>
16703700192658 Sat, 22 May 2021 23:38:00 +0900
<![CDATA[収穫近し、梅雨入りも近し]]> http://kashiwa-tanaka.jp/blog/2657?site=tanaka

柏たなか農園のもち麦畑は今、一面紫色に染まり、幻想的な景観を見せています。今年は春先から気温が高めに推移し農産物全体に早く成長する傾向ですが、もち麦も早まる傾向でこの分だと収穫も5月第3週末から第4週になりそうです。同時に梅雨入りも早まるとの予想なのでこれから空模様を見ながら収穫のタイミングを計ることになります。




 もち麦の穂が色づくのは穂についている麦粒の一つ一つがうす緑から紫に変わってゆくと同時に穂先に伸びるノゲも紫になります。この結果、麦畑全体が紫色に覆われ幻想的といわれる風景が見られるようになるのです。




 麦粒が紫色に見えるのは外側の薄皮の部分がうす緑から紫に変わるからです。薄皮の内側にはデンプンが蓄えられるのですが、今の段階はまだ水分量が多く、デンプンを水に溶かしたようなミルク状になっています。このミルクが美味しいらしく畑の端に植わっている麦の穂はほとんどスズメに食われています。この先麦粒に含まれる水分が徐々に減り麦粒が硬くなってきたら収穫のタイミングです。このため毎日、麦粒の水分量を測ります。
 水分量が少なければその分、収穫したあとの麦粒を乾燥させる手間が少なくて済みます。紫色に色づいた麦の穂は初めは上を向いていますが次第に穂首が下向きにカクンと曲がってきます。ほとんどの穂首が下に向いたあたりが収穫の合図です。このまま畑に置いておくとやがて倒伏といって茎ごと倒れてしまいます。倒れた麦を収穫するには一つ一つ起こさなければなりません。しかも倒れて土にまみれた麦は品質的にもよくありません。




  もち麦の収穫時期はだいたい梅雨入りの直前になります。梅雨に入ると麦の穂が乾かず収穫作業がやりにくくなります。今年は九州で早くも梅雨入りとのことで、首都圏の梅雨入りも例年より大幅に早まるとの予想です。梅雨の晴れ間に麦刈りのタイミングがうまく合えばよいのですが。収穫に必要な機械設備の準備も急がなければなりません。

]]>
16703700192657 Thu, 13 May 2021 12:29:00 +0900
<![CDATA[原発事故10年、あの雨の日を忘れない]]> http://kashiwa-tanaka.jp/blog/2655?site=tanaka 柏たなか農園にとっての321日は特別の日です。10年前のこの日、東京電力福島原子力発電所が吐き出す放射性物質を大量に含む雨雲が首都圏へと南下、東京の手前の千葉県北西部・東葛地方に大量の放射能の雨を降らせ、この地に住む者、事業を営む者の多くが環境汚染とそれに伴う風評被害に苦しむことになったからです。原子力発電所がある限り同じような事故は日本のどこでも起こりうるわけで、直接体験した者として伝え続けなければならないと思います。

 

あの日から半年?1年くらい?でしょうか、東葛地方の中心都市である柏市は放射線量の多い「ホットスポット」としてテレビなどで繰り返し報道されました。その結果、柏市内の地価が下がり、農産物が出荷できなくなるなど大変なことになりました。

 

柏たなか農園も一般市民向けの野菜作り教室「土の学校」がピンチに陥りました。会員が農園で作った野菜を家に持って帰っても食べてもらえない、孫に食べさせようとするとその子の母親から拒否されるといったことも起きていました。翌年、新会員を募集するもほとんど集まりません。前年の2010年に生産を始めたばかりのもち麦は放射線量が規制値ぎりぎりのため全量廃棄しなければなりませんでした。

 

柏市内の放射線の測定値は徐々に下がって行ったのですが、問題は「風評」でした。柏の米や野菜は放射線量を測り規制値を下回るものだけを出荷していたにも関わらず食品スーパーなどでも敬遠されるようになりました。住民の中には他所の街へと逃げ出す人が相次ぎました。住める土地に住めず、食べられる作物も食べられず、このままでは地域社会が崩壊してしまいます。

 

事態の打開に向けて市民が動き出しました。柏市内の農産物生産者と消費者、それと有識者が集まり「安全・安心の柏産柏消」円卓会議というのを立ち上げました。ここでどうしたら柏の農産物を安心して食べられるようになるかを議論しました。その中で一つの試案をまとめました。それが「食品1kgあたり20ベクレル」という基準です。基準内であれば安心して食べられますよという柏地方の基準です。この基準を柏市内の食品スーパーや食品店、飲食店などが受け入れました。これが契機となって柏市内から首都圏へ、全国へと柏の農産物が受け入れられるようになりました。

 

あれからちょうど10年、あの時全量廃棄した柏たなか農園のもち麦はその後の健康食ブームもあり自社の畑だけでは生産が追いつかず近くの農家に委託生産をお願いして生産量を確保するまでになりました。土の学校も鉄道(つくばエクスプレス)沿線に移り住む“新住民”を中心に子育て世代が集まってきて、原発事故当時には想像できないくらいにぎわっています。

 

いまでは柏や近郊の人々も柏が10年前にホットスポットといわれて大変なことになっていたことなど記憶のかなたに消え去ったかのようです。しかし、原発暴走事故によるすさまじい環境汚染とそれに伴う風評被害のことは忘れるわけには行きません。さらにこれらを克服するための市民の行動が危機に陥った地域社会を救ったということを忘れてはなりません。

]]>
16703700192655 Sun, 21 Mar 2021 21:59:00 +0900