「都市」と「近くの農業・農村」を結ぶ柏たなか農園のブログ

投稿日:2018年11月23日 9:32 pm



 23日は柏たなか農園・土の学校の収穫祭、毎年おなじみのいも煮とバーベキューです。今年は子どもを対象にたき火の中にサツマイモをくべる焼き芋体験もやってみました。どれもこれも手作り感満載なのが土の学校らしいところです。

 いも煮は東北の山形県や宮城県ではおなじみの秋の風物詩です。土の学校も東北のいも煮をまねて秋冬野菜を使いしっかり煮込みます。農園ですから食材は肉類などを除き最大限自給、ということで主役のサトイモをはじめダイコン、ニンジン、ネギ、ハクサイなどたっぷり使います。野菜を井戸水で洗い大きな鍋に入れ少しの水を注いで火にかけます。



鍋をかけるのはブロックを重ねただけのチョーお手軽な手作りかまど。近くの木立から伐ってきた雑木を適当な長さに切って薪にします。火力はかなり強く、20分そこそこで上に載せた鍋から汁が吹きこぼれそうになるくらいです。

バーベキューに使うグリルはドラム缶を半分に割ったもの。その上に鉄板を載せただけの手作り品。鉄板の上で焼く野菜はもちろん農園の自給、といいたいところですがソーセージ、タマネギ、キノコなどは近くのスーパーで購入でした。



焼き芋に使うサツマイモはもちろん農園で100%自給です。9-10月に開催したイモ掘りイベントで掘り出した安納イモを保存しておいたものです。この日の焼き芋は、子どもらがたき火を焚いてその熱で焼き芋を作るイモ焼き体験にしました。

  たき火で燃やす木は近くの木立から伐っておいた木を乾かしておいたもの。この薪を適当な長さに切るところから始め、木が良く燃えるように組み立て、マッチで火を付けるのも子どもらにやってもらいました。火の勢いが強くなると火の周りで体を温めようとみんな集まってきます。少ししてたき火が収まりかけたころにアルミホイルでくるんだイモを投入してもらいます。焼けたかなと思った頃に竹串をイモに刺してみます。すっと刺さるようならできあがりです。



 準備開始から2時間近くを経てこの日の食べ物ができあがり。みんなで食べる食卓は畑の収穫物などを入れるのに使うコンテナの上に板を載せただけのこれまた手作り。こうして手作り感満載の収穫祭をみんなで楽しみました。
<!--[if gte mso 9]> <w:LsdException Locked="false" Priority="71" Name="Colorful Shading Accen

投稿日:2018年10月31日 9:51 pm


収穫の秋です。土の学校の実習畑は収穫を待つ野菜たちであふれかえっています。キャベツ、ダイコン、ラッカセイ、ジャガイモ、レタス、ハクサイなどなど数えてみたら18種類にも上ります。

土の学校の実習畑は1区画の中に長さ約3mの畝を7本立て、南側から順番にa、b、c、・・gと番号を付けています。畝ごとに栽培する野菜は決められています。このため、隣の区画の隣り合わせの畝と畝をつないでいくとあたかも同じ野菜が横一列に植えられているように見えます。



a畝のジャガイモはまもなく花が咲き、葉が枯れ始めたら収穫です。隣の長ネギは根元に土寄せして白い部分を伸ばそうとしているところです。その次のb畝は夏の終わりにコマツナ、ホウレンソウ、シュンギクを播いてすでに1回収穫、後から播いた廿日ダイコンがそろそろ収穫です。その後コマツナ、ホウレンソウなど2回目の種まきをして芽が出てきたところです。b畝は畝全体を保温効果の高いビニールフィルムで覆い、真冬も葉もの野菜を収穫しようという作戦です。



c畝は春にラッカセイの苗とサトイモの種芋を植え付けました。途中、雑草を抜きまくり、植え付けから半年近く経てやっと収穫期を迎えようとしています。

d畝のニンジンは7月に最初の種まきをしたものの猛烈な日照りが続く中で発芽が思わしくなく、その後追加の種まきを繰り返しました。その結果、同じ畝の中でも発芽の早かったものと遅くなったものとでは育ち方に大きな差がついてしまいました。隣に植えた赤紫がかった葉の色のリーフレタスと葉の色が緑の結球レタスはまもなく収穫です。



e畝のキャベツと茎ブロッコリーは害虫から守るために畝全体を防虫ネットで覆っています。キャベツも葉が巻き始めており、特に頭がとんがった形のみさきキャベツはぎゅっと巻いて中がしまっている分、見かけより重さがあります。




f畝のカブはいまが軟らかでちょうど採りごろ。隣のダイコンもまもなく収穫できそうです。一番端にはスパイラルというとても変わった形のカリフラワーが植わっています。g畝のハクサイは植え付けから4週間経ちようやく葉が巻き始めています。ハクサイも害虫対策は必須なので畝全体を防虫ネットで覆っています。早ければ11月中に収穫できそうです。

一番南のa畝から北側のg畝まで7つの畝のすべてで秋冬野菜が鮮やかな彩りを見せてくれています。収穫は来年の年明けまで続くでしょう。真冬でも自分たちの畑の新鮮野菜を食卓に載せることができるなんて、とてもぜいたくなことだと思いませんか?

投稿日:2018年4月30日 12:14 pm



 今年もGWの前半に土の学校の「春の集い」を開催しました。史上最悪の環境汚染をもたらした2011年の原発事故以来、春の集いでは土の学校の会員の皆さんで懇親を深めると同時に、環境を守ることの大切さをみんなで考える機会にしてきました。農園が避難場所になったらどうするかを考えながら、できるだけ地元のもの、自然のものを使うとか、少ない水で調理するとか工夫しながら料理を作ります。



 今回は近くの竹やぶの竹を使ってみんなで竹ご飯(=柏たなか農園の主力作物である「もち麦」を混ぜたもち麦ごはん)を炊きました。まず竹やぶから孟宗竹を数本切りだしてきます。火にかけた時に竹が焼け落ちてしまっては失敗なので、切り出した直後の燃えにくい竹が良いのです。新鮮な竹を、斧を使って縦方向に真っ二つに割ります。次にのこぎりで節間一つ分ずつ切って竹の飯盒を作ります。節と節の間にもち麦をまぜたお米と水を入れ、アルミホイルでふたをしてそのまま炭火にかけます。



 ここから約40分で炊きあがりですが、こういう時の40分は結構長く感じます。まだか、まだかと皆さん気になります。本当は炊きあがりを見てから飲食を始めようとしたのですが、待ちきれそうもないので先に始めてしまいました。準備作業が長かったので皆さん、喉がからからでまず飲み物があっという間にはけてしまいました。そうこうしているうちに竹ご飯も炊けました。竹の飯盒で炊いたもち麦ごはんは自然の香り豊かで好評でした。



 ご飯の他には味噌汁、バーベキューと野草のサラダを用意しました。野草はイベントが始まる前に希望者に来てもらい、畑の周りにあるノビルやコゴミ、フキなどを採集してもらいました。味噌汁やバーベキューに使う野菜は農園のが間に合わなかったので直売所で柏市内で採れた野菜を使いました。
 原発事故から7年が経ち、記憶もうすれてきていますが、事故がもたらした深刻な環境汚染のことは忘れられません。柏市を含む千葉県北西部地方は大人口を抱える都市部の割に豊かな自然と広大な農地があります。かけがえのない自然と農地を守るためにも普段から地域の環境に親しむ機会を持つことはとても大事なことだと考えています。

投稿日:2017年7月30日 9:46 pm



 畑の近くの田中近隣センターで30日、農園で採れたトマト、ナスなど夏の野菜をトッピングしてピザを焼こうという「ピザ焼き体験イベント」を開催しました。ピザ生地をこねるところから始めて、トッピングする野菜を切り刻んで上に載せ、オーブンで焼く作業は分かりやすく、参加した体験農園の会員さは全員「家のオーブンでも作れそう」とすっかりピザ焼きにはまっていました。



 柏たなか農園ではいま、トマト、ナスなど夏野菜が真っ盛り。これらの野菜を使ったイベントができないかと思案していたところに体験農園「土の学校」の会員さんから「採れたての夏野菜をトッピングしたピザを焼く体験講座を開催しませんか」と言われたのがことの始まりでした。暑い中、農園に通ってくる会員さんに聞いたところ「畑にピザを焼く窯を作るんですか?」などピザ焼きに興味を持つ人が意外に多かったので料理実習室のある公民館などの施設を探すなど本格的に取り組むことにしました。近くの田中近隣センターの料理実習室が週末でも案外予約が入っていないことが分かったので早速借りました。



 まずピザ生地。フツーに小麦粉をこねるだけでは違いが見えないので柏たなか農園の主力作物であるもち麦を生地に混ぜ込むことにしました。予め茹でたもち麦を用意して小麦粉の約4分の1の量を混ぜ込みます。トッピングにはトマト、ナス、ピーマン、万願寺トウガラシ、シシトウ、ゴーヤ、それにオクラも使いました。これらの野菜を片端から切り刻みピザ生地の上にのせて行きます。



 採りたての野菜を使うっていいですね。焼き上がったピザは一番上に振りかけたチーズ以外に動物性食品はなく、ほとんど精進料理ですが、もち麦入りのピザ生地の香りが良いなど大変好評でした。男性会員からはビールといっしょに食べたいとの声、焼いたピザすべてお持ち帰りされました。ピザ焼き、夏のイベントのネタになりそうです。







投稿日:2017年5月4日 12:20 am



毎年GWあたりで開催している土の学校の春の集い、今年は5月3日に開催しました。2011年の原発事故とその後の放射能汚染を体験したことで、春の集いは毎年サバイバルをテーマにしていろいろな企画を試みてきました。今年は畑に隣接する竹林から切り出した青竹を使ってご飯を炊いてみようという試み。



青竹の節の部分を含めて20cm~30cmを伐り出して炊飯器に使います。節の部分を底にしてお米と1.5倍の水を加え、木炭などの強い熱でご飯を炊きます。予行演習では約30分加熱し、火を落として15分おくと炊きあがるはずでしたが、本番では加熱に1時間近くかかりました。ご飯が炊けるまで待てないということで、予定より早く飲食を始めてしまいました。始めて少しして竹筒炊飯によるご飯も無事炊きあがりました。炊きあがった竹筒ご飯は底の近くのご飯までスプーンなどが届かず、斧で竹筒を縦に半分に割って食べました。日常生活の中では経験しないアウトドアな炊飯に参加者の皆さんも大感激でした。



この日は竹づくし。盛り付ける食器にも出来るだけ竹を活かそうということで、青竹を縦に半割りにして節と節の間にサラダを盛り付けてみました。これも他では見かけない珍しい光景。テーブルに運ばれてきた長ーい容器をにもられたサラダを一人一人紙の容器に取りわけてたべていました。筍も竹林から取ってきたのを皮がついたまま火にくべてやわらかくした後、だしを入れて鍋で煮込みました。



今回は会員の皆さんがたくさんの知り合いを連れてきてくれました。職場の仲間、団地のご近所さんなど、声かけして誘ってくれました。その結果かつてない参加者数となり、子供さんも多く参加して、農園はとても賑やかな一日となりました。


« < 1 - 2 - 3 - 4 - 5 > »