「都市」と「近くの農業・農村」を結ぶ柏たなか農園のブログ

投稿日:2022年3月16日 8:09 am

 「資材不足で大変なことになる」--ぼんやりウクライナ戦争のテレビを見ていて突如、気が付きました。あわてて資材を発注しました。もち麦の包装材に使うナイロン袋、中に入れる脱酸素剤、箱詰めに使う段ボール。案の定、ナイロン袋のメーカー在庫が底をつきかけていました。資材を扱う問屋さんの話では当社が注文した数量でぴったり在庫ゼロになったそうです。気が付くのが一瞬遅れていたらもち麦を袋詰めすることができず、あと1か月くらいでもち麦の製品在庫がなくなるところでした。危なかったです。

 世界はサプライチェーンでつながっておりどこか1カ所でも滞ると大変なことになると頭では分かっていても欧州の戦争が直ちにもち麦の事業に影響してくるとは想像力が働きませんでした。ぎりぎりのタイミングでもち麦用の資材を確保することができたのは幸運としかいえません。

 

 ウクライナ戦争の勃発からまもなく3週間、米国筋がロシア軍の動きに警鐘を鳴らし始めてから1か月近くに及んでいます。この間ガソリンをはじめ石油製品が急速に値上がり、先行き不安が買いだめをあおる形で需給がひっ迫しています。半導体製造や自動車の排ガス触媒に使われる希少金属も供給不足になり自動車メーカーが休業に追い込まれる事態です。

 

 この先資材不足と値上がりが日常化するのでしょう。さらに円安で輸入価格の上昇が重なり大変なことになりそうです。ユーラシア大陸の西側で起きていることはもはや対岸の火事だなどとのんきに構えている状況ではなくなりました。小さな農家にも確実に影響が及んできています。

投稿日:2021年12月31日 11:54 pm



 久々のブログですが、この空白の時間は柏たなか農園にとって大変な事態が進行していました。事業の継承問題です。手っ取り早い方法として身近にいる若い人に会社を任せようとしたのですが、結果は失敗でした。農業会社に必要なことは技術と営業ですがそのいずれもきわめて未熟でした。このまま突き進んでもうまくいきそうにないので、この秋のもち麦の種まきは面積を大幅に減らしました。本来なら今頃、畑は若いもち麦の葉の薄緑色で覆われているはずですが、写真のとおり、見えるのは枯れた雑草ばかりです。

 

 柏たなか農園は都市近郊型の農業会社なのではじめは都会の若者でも容易に引き継げると考えたのですが、いざやらせてみるとうまく行きません。例えば農業が好きだといっても小さな家庭菜園を楽しむのと広い農場を経営するのとはまるで違うのです。作物を栽培するため圃場の管理運営も面積規模が違うので同じ感覚ではうまく行きません。できた農産物もロットが大きいだけに販売ルートに乗せるのも大変です。余らせてしまったら大量廃棄という事態も起きかねません。つまり生産に入る前の段階から生産と販売の計画をしっかりと立て計画通り作業を進めなければなりません。農家なら当たり前のことですが、外から見ているだけでは分からないのです。

 

 千葉県柏市北部の耕作放棄地だった畑を再生させるところから柏たなか農園は始まりました。柏市は大都会のように思われますが北部と南部は大農村地帯です。そこでの農業は都市部に近接しているという「地の利」を考えて設立当初、柏市とその周辺に住む都市住民に野菜の栽培技術を教える「体験農園」という事業から始めました。その後主力作物となる「もち麦」の栽培を始めました。今でこそもち麦は広く知られるようになりましたが、当時は知る人も少なく、柏市とその周辺でもち麦を置いてくれる店を探して地道な営業活動をしてきました。2016年ごろから健康食品としてもち麦が注目され一気に全国区に駆け上がり生産が追いつかなくなりました。柏たなか農園も近くの農家に生産委託して生産量を増やしました。しかし常に不足というわけではなく、時に過剰になることもあります。そのたびに収益が上下に振れることになります。

 

 「体験農園」と「もち麦」という収益性の面でも2つの異なるタイプの事業を組み合わせることで会社を安定した成長軌道に乗せようとしてきました。このような経営の大枠がこの一年で崩れてしまいそうになりました。つまり、直接的、間接的に値上げすることによって目先の利益を上げようとしたのです。しかしながら客観情勢は容易に値上げを受け入れてくれるほど甘くはありません。

 

 この秋、柏たなか農園の畑ではもち麦の作付け面積を大幅に減らしました。もち麦の種まきは毎年11月です。種まきに先立ち排水対策、雑草対策、たい肥散布などの準備作業があり、ここから翌年5月の収穫まできめ細かい栽培管理をしなければなりません。素人さんが一連の作業をこなしていけるか、見通しが立ちません。やむなく今年の種まきは見送らざるをえなかったのです。柏たなか農園全体としては委託生産があるのでもち麦の生産量としては前年並みに近い収穫量を確保する計画ですが、自前の畑の生産量が減るのが残念です。事業を続けることの難しさを感じています。

投稿日:2019年2月14日 8:23 am

 株式会社 柏たなか農園は会計年度が1月-12月なので2月末までに確定申告をしなくてはなりません。その前に株主総会で決算を承認してもらわなければなりません。このため、1月中頃から集計作業に追われ、畑仕事も営業活動も一時ストップしてしまいます。今年はそれに輪をかけて、会計ソフトを入れていたパソコンの調子が悪いので別のパソコンに切り替えたところ大変なことになってしまいました。切り替えたパソコンには会計ソフトは入っていないので改めてソフトを購入し、前年までの決算データや固定資産などのデータを入れ直さなければならなくなってしまったのです。入力が正しくできれば良いのですが、入れ忘れとか間違いもあって決算データが完成しません。ついに株主総会には間に合わず、仮決算のまま業績報告を出さなければなりませんでした。



 以前使っていた会計ソフトは
10年も前のもので、分厚い紙の操作マニュアルがついていたので操作がわからなくなるとマニュアルの該当ページを開いてある程度問題を解決していたのですが、今時のソフトは紙のマニュアルがついていないのでわからなくなる度に相談窓口に電話で聞かなければなりません。ところが相談窓口は個人の確定申告の時期に重なるためか、電話がなかなかつながりません。問題を一つ一つつぶしてゆくのに大変な時間がかかってしまうのです。

いま悪戦苦闘しているのは2108年度(正式には平成30年度としなければならないらしい)の決算です。つまり20181月-12月の収入や支出のすべてのデータを入力し、差引きいくら儲かったのか、あるいは損したのかという集計結果を出します。2018年度はもち麦の収穫からその後の乾燥調整、もみすり選別といった作業工程を一通り自前でできるようにするために、会社の売り上げ規模の60%を越すほどの大きな投資をしてしまいました。2年前にもち麦が黒穂病にやられた時の経験から、最低減の設備は自前で持っていなければならないと痛感したからです。

必要な設備としては、高さが6m近くある乾燥機、一時保管するホッパー、もみすり機、石抜き機、選別機などがあります。畑で収穫したもち麦を運ぶための搬送設備も必要です。中古が手に入るものはできるだけ中古にしましたがそれでも全体で数百万円もかかりました。さらにこれらを収容する小屋も必要です。小屋は元農家がゴミ屋敷にしていたものを修復して使いました。電気も一般家庭用とは違って工場などで使う200ボルトの電力なので特別の資格のある人に頼んで工事してもらいました。これらの費用も加えると総額では柏たなか農園の年間売り上げの60%を超えました。

これらの設備にかかる費用の支払い方法が一律ではありません。現金、月遅れでの引き落とし、分割払いといろいろあり、帳簿につける時も扱いが違います。こんなことを確認しながら11件会計ソフトにデータを入力していきます。車のガソリン代のよう細かいものは月単位でまとめたりしましたが、それでも入力件数は1年分で700件を超えました。

やっとのことで入力が終わり、集計結果をまとめてみるとびっくり。数字の合わないところ、おかしなところがあっちこっちと見つかってしまいました。入力したデータが間違っていたかもしれません。費目が間違っていたのかもしれません。そもそも新しい会計ソフトを入れたときの初期設定が間違っていたのかもしれません。どこかおかしいはずですから総点検するしかありません。

税務署への確定申告の提出期限まであと2週間と迫ってきました。2月中にはもち麦の畑に追肥をしなければなりません。3月の第2週から土の学校も始まるので、その前に畑を起こし堆肥を投入し、畝間に当たる部分の溝掘りをしなければなりません。季節はまだ冬ですが、畑の作業に追われ始めています。いつまでも会計ソフトに関わっているわけにはいかないので焦っています。

カテゴリー: 経営