「都市」と「近くの農業・農村」を結ぶ柏たなか農園のブログ

秋冬野菜の苗植え付けを急ぐ

投稿日:2011年8月31日 11:10 pm

秋の1日は春の3日とも1週間ともいわれます。春の農作業は1日、2日遅れても取り返せるけれども秋は少しの遅れも取り戻すのが難しいといった意味です。だからと言って急ぎ過ぎてもいけないのですがとりあえず、アブラナ科の秋冬野菜の植え付けを急ぎました。



先週末は5週間ぶりに土の学校の講習会を開催。ハクサイ、キャベツ、ブロッコリーの苗を植え付けました。猛暑と言われる時期は過ぎたものの、まだまだ暑さはこたえます。畑に植え付けた野菜の苗も同じです。植付けの時にかなりたっぷりを水をやったはずですが、それでも1日2日たつとぐったりしている苗もあり、うまく活着してくれるか心配でした。ところが、今週は月曜から曇りや雨模様が続き、さらに台風がやってくるということでとりあえず水の心配はしなくてすみそうです。

もうひとつ心配だったのがニンジンです。7月に種まきしたのですが、ほとんど発芽せず、先週の講習会の時に播き直しました。ニンジンは発芽すれば半分成功したようなものといわれます。発芽のポイントは適度な湿気。真夏の暑い盛りには水まきしてもすぐ乾いてしまいます。出来ることなら毎日水まきしたいのですが、現実には難しそうです。そこで、種まきの後、上にワラを載せ、さらに不織布で覆うなどして水分を保持しようとしますが、それでもなかなか芽が出てきません。今回播き直したニンジンはいままでのところ、天候に恵まれているというべきでしょうか?

8月7日の「夏の集い」には間に合いませんでしたが、スイカは8月中旬過ぎから収穫期に入りました。先週の土の学校の講習会の後、みんなでスイカを収穫し重さを測りました。平均6kgを超えるくらいで、甘さも結構のっていました。一番大きかったのは楕円形の中国枕スイカで11.3kgもありました。

カテゴリー: 生育情報  土の学校  お楽しみ 

コメントの投稿はありません

ニックネーム
タイトル
コメント
表示されている単語を
入力してください